FC2ブログ

年金開始年齢延長は公務員の謀略!?ここが変だぞ! 

2011, 10. 26 (Wed) 22:19

年金開始年齢延長は官僚公務員の謀略!?
民主党の首相は、優しげですが、実はドジョウの皮をかぶった、オオカミウオ?ですね。
年金受給開始年齢を遅らすことや、消費税引き上げ、はたまたTPPなど、優しそうな顔をしてガンガン言います。
ところで、年金受給開始年齢を68才とか70才まで遅らせられ、退職から年金受給までの空白が長くなると、中小企業を中心とした民間企業に勤務している国民は、受給開始迄は、爪に火を点す生活にならざるをえないし、冗談じゃなく、受け取る前に飢え死にしてしまう人も出るでしょう。
ところが、公務員の場合は、逆に、生活が良くなってしまうのです。ここが変だぞ!
そのカラクリは、受給開始延長に合わせた、実質的な定年延長です。
定年の年齢は変わりませんが、その後も、年金受給開始まで勤めることができ、七割の給与が保証されます。
つまり、受給開始が遅くなればなるほど、年金よりも高い給与を永く貰えるんです。公務員は定年まで勤めれば年収が一千万円くらいになります。この場合、七割といえば700万円ですよね。ですから財務省の官僚さまにしてみれば年金受給開始年齢延長は、公務員である自分たちに、大変、好都合なんですね。ここが変だぞ!
年金受給開始延長は、財務省官僚の陰謀と疑われても仕方ないでしょう。
大部分の国民には、飢え、への恐怖を味わわせていながら、自分たちは、相変わらずの、何の不安もない、満ち足りた老後が約束されるんですから。ここが変だぞ!

管直人さんが、お遍路さんを再会って変だぞ! 

2011, 10. 22 (Sat) 23:00

管直人さんが、お遍路さんを再会
前総理の管直人さんが、お遍路さんを再会しました。メディア系サイトの対応は、「延命寺にお参りした。」ことを少し皮肉っぽく伝えるような報道の仕方でした。
しかし、私には納得できません。このことをアメリカと中国の知人に話したら、爆笑しながら「まさか!冗談だろ?」と言われました。ここが、変だぞ!
首相を辞めたとはいえ現職の与党の国会議員が、あんなに遠くまで行って神様をお参りするなんて。
大震災の犠牲者の霊を慰めるためなのか?あるいは早く原発事故が収束するようにお願いするためなのでしょうか?
いずれにしてもメディアは、呆れたような論調て伝えています。これが、もし小沢さんだったらメディアは多分まったく違う言い方だったでしょうね。
ちなみに、管さんと、お遍路さんとの出合いは2004年でした。年金問題で自爆したのが原因です。それで代表を辞めさせられて、四国八十八ヶ所巡りが始まりました。毎年少しづつやっていまいしたが、2009年に、民主党が政権を取ってから中断していました。
それにしても、一番の被害者? は菅さんに付き合わされるボディーガードさんですよねえ。山田利子でした。

増税無しで復興財源 

2011, 10. 20 (Thu) 22:30

増税無しで復興財源
増税をしなくても、東日本大震災の復興の為の予算を確保する方法があります。
まずは、無利子国債の発行です。この方法の肝は、相続税の免除です。国債を買ってくれたら、その量に応じて、相続税を免除してあげるんです。
実は、これには、一石二鳥の効果が期待できるんです。
まず相続税免除という嬉しい特典付きなので、国債が売れやすいこと。
生前贈与もOKなので、お金もちの人たちが子供たちに、お金をあげやすい。
そして、重要なのは、20代から40代くらいの人たち(生前贈与を受ける子供たち)は、消費志向が強いことです。
本来なら本人が亡くなるまで<死に金>である筈のお金が世の中を廻り始めるのです。
つまり、復興財源確保と同時に景気を回復方向へ向けさせる原動力になるかもしれないのです!!!
しかし、財務省は消費税など増税しかくちにしません。財務省に逆らうことが出来ない首相も、当然?! 増税一辺倒です。
何故、財務省は消費税にこだわるのでしょうか?これまで、消費税というものが始まって以来、税収は、ずう-っと減る一方なのに。消費税を上げれば、消費意欲が、ますます低額し、不況が、ますます悪化するだけです。もちろん消費税収入だって、逆に減ってしまうでしょう。
頭の良い子の官僚たちに判らない筈がありません。
プライドだけは、いっちょ前だから、一度出したものは引っ込められないだけなのか?
それとも他に理由があるのか?
実は、消費税には、あまり知られていないカラクリがあります。
大企業優遇なんです。
まず、大企業は自分の立場上の優位性に物を言わせ、消費税を下請け会社に払わせているんです。自分の懐は痛みません。~ここが変だぞ!
さらに、消費税還付制度が存在します。外国に輸出したら、消費税は戻ってくる制度ですが、それは、チャッカリ大企業が頂いちゃっているんです。~ここが変だぞ!!!
つまり、消費税が10%に上がれば大企業の儲けも、それだけ増えちゃうんです。
私なりの変な結論は、<天下り人>という粘着剤を介しての、官僚と大企業の癒着、ですね。山田利子でした。

公務員が、年金を救う? 

2011, 10. 19 (Wed) 22:07

公務員が、年金を救う。
今、年金が、変です。大変な、いろんな問題が有るようです。
でも、要は、年金を受ける人数に対して、彼らを支える側の人数が足りない、ということなんですね。
受け取る時は、それまで月々収めてきた金額の数倍の額を受け取るわけですから、比率的に、支える側の人数は、受け取る側の数倍の人数が必要なことになります,,.,,
これって、、、、、無理ですよね。
仮に、成長促進剤とかが有って、今の子供たちや、赤ちゃんが数カ月後には働けるようになれば、年金問題は解決します。
しかし、しかし、やがて、その働き手も、年金を受け取る側に なる時が来ます。
その時には、またまた同じ問題が起きます。受け取る側よりも数倍の労働人口が要求されることになります。
クローン人間というか、人間牧場を造って、人口を増やせたとしても、仕事が、働き場所があるでしょうか?
今でさえ、就職難、リストラの地獄なのに。ここが変だぞ!!

何が言いたいかと言うと、根本的に、年金制度そのものが、無理なんです。そもそも、年金制度が始まった時は、日本人の平均寿命は、65歳だったんです。時代が大きく変わってしまっているんです。
国民の福祉のためなら、全く別の制度にすべきですし、もしも、年金制度を守りたいのなら、健康保険のように、国が全面的にバックアップすべきです。
今、不況なのは、老後の不安、のため、お金もちの人までが、「イザという時に備えて」お金を使わないからです。老齢福祉が充実し、老後の不安が無くなれば、安心して消費できるので、お金の回りが良くなり景気が回復し税収も増えていく。
景気回復スパイラルに転換できるのです。
それへの大きな、大きすぎる壁になっているのが、公務員です。今、国家、地方公務員、天下り外郭団体。退職公務員の年金、合わせて37兆円にもなります。加えて、辞書に <節約> の文字のない、お役所仕事。ここが変だぞ!!
これらを適切に引き下げれば、浮いた巨額お金で、みんなが安心して老後が迎えられる日本にすることができるのです。山田利子でした。

証人喚問、説明責任と、出合い系のサクラ 

2011, 10. 13 (Thu) 19:26

先日、世界中が呆れ返っていると言われている<強制起訴>による、小沢一郎さんの第一回公判が行われました。
すると、やはり予想通り、自民党や、みんなの党(このことで、みんなの党の限界がハッキリしてしまいました。) など野党が、小沢一郎さんへの、国会での証人喚問を要求しました。「キッチリと説明責任を果たしなさい!」と、メディア、評論家も加わっての大合唱です。

新聞系の中には「こうして、またまた国会が停滞するのは小沢一郎がいるせいです。早く議員辞職するべきです。」とメディアで発言する人までいます。たんなる第一回目の公判なのに。。。
変人の私には不思議な感じがします。
裁判中の人間を国会に呼ぶことに何の意味があるのか、私には分からないんです。
日本は三権分立の国です。なのに、司法 のお手伝いまでするとは誠に感心感心!と言いたいところですが。
しかしながら、普段は、行政、つまり官僚の一部にすぎない、と言うか、官僚の出先機関と言うか、スポークスマン的な存在でしかない国会が、余計なことに頑張るのは不自然です。
それにしても、
もし小沢一郎さんが国会証人喚問に出て、「私には、やましいことは一切ございません。」という内容でキッチリと説明した場合、自民党たち野党は、どんな反応をするでしょうか?
「そうでしたか。わかりました。」ということには多分ならないでしょう。
おそらく「嘘はやめて下さい。本当のことを言って下さい。」ということになります。自民党たち野党の言う<説明責任を果たす。>ことの意味は「私は罪を犯しました。責任をとり議員を辞職します。」
と言うことなのですね。そこまで言わないと自民党たち野党は許してくれない筈です。~ここが変だぞ!
江戸時代は、下手人として、しょっぴかれたら、白状するまで取り調べは終わりませんでしたが、現代は拷問こそ有りませんが、やってることは同じに思えます。変なたとえですが、出合い系サイトで、サクラに引っかかった場合に似ています。どちらも、どれほど頑張っても、最初から結果が決定しているのです。出会い系サイトでは相手がサクラでは絶対に会えないし、証人喚問では、罪状を認める発言以外は相手には通じません。
それに加えて今回の場合は、
<官僚たちにとって有害な小沢一郎を失脚させよう。>
という目的が先に有って、事件は目的達成の為の手段なんです。そのために、東京地検特捜部を増員し総動員で小沢一郎さんの身辺を洗いまくり、<土地購入における政治資金収支報告書への虚偽記載>を発見、またはデッチアゲたのです。江戸時代より酷い(≧ω≦)ですよね。~ここが変だぞ!
しかし、もし、小沢一郎さんが自民党達の気が済むように罪を認め議員を辞職したらどうなるのでしょう?
そして、来年四月ころの裁判の判決が無罪になったとしたら......
今度は <偽証罪> で大騒ぎになるんでしょうね?
今日もここが変だぞ!山田利子でした。

小沢一郎抹殺大作戦、司法も参加!?ここが変だぞ! 

2011, 10. 07 (Fri) 23:31

小沢一郎抹殺大作戦、司法も参加!?ここが変だぞ!
何故か、電車の中吊り広告や 新聞広告に、一流と呼ばれる週刊誌の中で、ポストだけが掲載されません。些細なことだと思われるかもしれませんが、私には気掛かりなんです。ここが変だぞ!
週刊ポスト(P)には以前から注目しています。
理由は、一流と呼ばれる週刊誌たちが、ことごとく、霞ヶ関官僚の、忠実な飼い犬になっている中で、P誌だけが、メディアとして、まっとうな仕事をしているからです。
こう書くと不審に思われるかもしれません。しかし、ちょっとだけ思い出してみて下さい。P誌以外の、一流と呼ばれる週刊誌で、霞ヶ関に向かって吠える、つまり官僚を批判する記事を見たことが有りますか?
例を挙げますと、財務省については、どうですか?増税にたいする論調は?
福島原発の地震、津波対策の不備にしても、設計段階で<原子力保安院の認可>があって建設が出来たし稼動も出来たのに、その原子力保安院への批判記事は有りましたか??焼肉屋のユッケ食中毒の最大原因は、当時、牛の生肉の取扱に関する法令が全く無かった事ですが、このことで厚生労働省が批判されませんでしたよね?!
吠えられるのは、政界と民間、それから、小沢一郎さんのように、霞ヶ関官僚の言いなりにならない政治家に限られていて、何があっても官僚を批判する記事が載ることは、滅多に有りません。
そして、つい最近ですが、小沢一郎さんの元秘書に判決が出ましたね。
P誌では今週号で興味津々な論調で書いてあります。
なんと、判決を下した裁判官を批判しています。他の一流誌が「小沢は議員辞職せよ。」の大合唱なのに。
内容をまとめると、
「裁判官は、罰金刑程度の<収支報告書への虚偽記載>については証拠不十分、という理由で無罪にしておきながら、裏献金については検察の言い分をそのまんま全て受け入れて有罪にした。検察は証拠は一つも無く、状況証拠、仮説を積み重ねただけなのに。」
ここが変だぞ!この記事を読んで驚きが二つ有りました。
一つは状況証拠、仮説だけの検察側の主張をほぼ全て受け入れた事です。証拠も自白も無しに有罪にするなんてありえない判決です。
もう一つの驚きは、ほとんどのマスコミ、メディアが、この点を無視したことです。この前代未聞の判決方法には全く触れもせず、ひたすら小沢一郎さんの責任追求に励みました。
P誌は、こうも書いています。
「数年前から延々と続く、小沢一郎さんの、<政治と金>問題は最初から霞ヶ関官僚が仕組んだ小沢一郎抹殺計画である。
まず、小沢の身辺を徹底的に洗う。身体を叩いて埃を出す。土地購入で政治資金収支報告書への記載に一ヶ月の遅れがあるのを発見?!
市民団体が毎日新聞に投書。それを毎日新聞がスクープ記事にする。東京地検特捜部が、その記事を目にして、初めて事件を知り動き出す。内容的には罰金刑程度だがマスコミが、おおいに吠えまくり大事件のようなイメージをつくる。ちなみに、この際に<政治と金>という見事なキャッチフレ-ズが誕生した。テレビ放送では、広い小沢邸を空中撮影したり、田中角栄さんを出し、「」そして自民党が証人喚問や、民主党代表辞職の要求。メディアの世論調査攻撃。。。その結果、小沢民主党代表は総選挙の前に民主党代表を辞職させられた。民主党のイメージも大分悪くなったが時の総理大臣、麻生太郎の<ミゾウイウ発言>などの影響のためか総選挙で民主党勝ち、政権交代となった。しかし、小沢一郎と政策が似ている鳩山氏をマスコミ攻撃で撃墜。代表選ではイメージ最悪の小沢氏を破ったのはカンナオト。霞ヶ関官僚待望の<操り人形>が民主党代表になった。そして世界に類を見ない市民団体の意思による強制起訴。そして管直人民主党代表による党員資格停止処分。これで、二大政党も政権交代も全く無意味となってしまった。どっちが政権をとっても所詮、霞ヶ関官僚の言いなりだから。」
そして、小沢一郎抹殺作戦も最終段階に入ったようです。私は今の今まで小沢一郎さんは無罪になると思っていました。だって東京地検が証拠不足で起訴出来なかったんですから。それでも小沢さんへの国民のイメージを最悪にし、民主党代表復帰を絶望にしたのだから、それで十分だろうと思っていました。
しかし、元秘書たちへの異常な判決。そして、それを全く問題にしないメディア。「大悪党の小沢一郎の秘書だからしかたない。」と、我々国民も思っています。この調子でいくと、来年四月の小沢一郎さんの判決も、常識では考えられない異常な結果になるかもしれません。ここが変だぞ!
日本は三権分立の国の筈ですが実質は、霞ヶ関官僚が、国会(司法)も司法も支配し、さらにマスコミ、メディア、そして、それの影響をおおいに受ける <国民世論>までも我が物にしてしまいましたね。
「大悪党!小沢一郎退治」のための特例ならよいのですが。ここが変だぞ!
最後に言いますが、<大悪党小沢一郎> と言うのは、<霞ヶ関官僚にとって>だと私は解釈しています。だって小沢さんは、中小企業も含めた民間企業の二倍の給料を半分に減らし、天下りを撲滅する等して浮いた、かなり巨額のお金で財政難に対処しようという考えだからです。ここが変だぞ!
山本利之でした。