FC2ブログ

山田利子の、出会い片思い論 

2013, 10. 20 (Sun) 18:35

山田利子の、出会い片思い論
山田利子です。今回は、私の出会い片思い論です。
私は、片思いの出会いの方が両思いより楽しいって本当にそう思います。
男性が変だと思う世界ですね。
ただ、以下のことは心にとめておくべきです。
片思いの出会いの方が両思いより楽しいって思うのは両思い出会いになって、両思いならではのいろんな悩みに面した人が、 過去を振り返って美化している部分もあるかもしれません。
~ここをまゆみの英会話で~
It became both thoughts, and the person who faced the various troubles unique to both thoughts has only looked back upon, glorified and said the past.
山田利子は思います。出会い片思いには片思いなりの楽しみと淋しさが、 両思いには両思いなりの楽しさと苦労が、あるもんです。
ちょっと話が飛躍しますが、これは友人の女性の証言です。
「独身、ラブラブ中は、とにかく早くお嫁さんになりたあ~いって思っていた。
しかし、結婚してみると思っていたより大変で、楽しい事もあるけど苦労も多くて、 考えると独身、ラブラブ中は気楽で楽しかったな~なんて振り返ってしまう。
恋愛中にも不安や大変な事は沢山あったはずなのに。
でも確かに、挙式や新生活のためにいろいろ買い揃えたりして過ごすのは楽しかった。
~ここをまゆみの英会話で~
But to be sure, it was pleasant to have arranged by buying many things and to have passed for a ceremony or a new life.出産して子育てしている今だって大変だけど楽しい事も一杯ある。
他の奥様さんたちもよく同じ事を言います。
「考えたら出会いラブラブ中が一番楽しかったよね」って。
でも本気で、結婚した事を後悔して言っている人は誰もいないはずです。
今の苦労を思い、過去の楽しかった点だけを美化しているだけなんですって私、であい系子は思います。
~ここをまゆみの英会話で~
The present difficulties are considered and only the point that the past was pleasant is only glorified.
片思いの出会い、恋愛と、両思いも同じことです。
両思い、の恋愛になったらなったで楽しい事ばかりじゃない。
私、山田利子にも、もちろん悩んだり不安もある。
そんな時、ただ彼を思っていろいろ想像していられた片思いの出会い、恋愛時代の良い思い出だけが出てきて、
「出会い片思いの頃の方が気楽だった」なんて感傷にひたるだけなんです。

~ここを,まゆみの英会話で~
It is only immersed [ "the direction at the time of unrequited love was comfortable", and ] in sentimentality. 」
みなさんは、どう思いますか??ご協賛いただけると嬉しいです。
Presented by 山田利子English bibliography is まゆみの英会話学習法